はじめに

新型コロナウイルス感染症の拡大にともない、コロナ後遺症(Long COVID)でお困りの方が多いことを実感しています。新型コロナウイルス感染症に陳皮(ちんぴ)などの生薬が有効ではないか、とする英語論文が認められるようになってきました。すでに Long COVID、すなわち慢性症状、とくに倦怠感へ補中益気湯(ほちゅうえっきとう)が用いられているごとく、神経・免疫・内分泌(ホルモン)が複雑に関連する病態、多彩な症状を併発する一連の症状群には、漢方薬が有効なことがあります。ちなみに補中益気湯にも陳皮はふくまれます。

このたび東洋医学、とくに刻み生薬をもちいる煎じ漢方を長期間、臨床の現場で実践してきた経験を活かし、Long COVIDに対してもお力になるべく、オンライン診療を本日より開始いたします。

みちとせクリニック(以下、当クリニック) を対面受診された方はもちろんのこと、今まで当クリニックを受診されたことのない方も、初診からオンライン診療が可能です。

またコロナ後遺症のみならず、一般の漢方診療もオンライン診療が可能です。遠慮なくご利用ください。

オンライン診療のメリット

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: curon_feature_a_4.png画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: curon_feature_a_1.png画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: curon_feature_a_2.png画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: curon_feature_a_3.png画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: curon_feature_a_5.png

〇 移動時間・交通費がゼロ。
〇 院内、交通機関等における感染リスクがありません。誰にも知られることなく、診察ができます。
〇 予約診療のため多忙の方も便利。
〇 遠方でも専門医の診療が受けられます。
〇 診察後の判断になりますが必要に応じ、登録先まで煎じ薬を直接お送りすることができます。

日本東洋医学会漢方専門医であったとしても、煎じ薬を処方している医師は、日本全国でも数少なく、遠方から時間をかけて当クリニックまで来院される患者さんもおられます。煎じ薬の服用を検討したことがありながら、近隣にアクセスできる医療機関が無くあきらめていた方も御相談ください。

重要事項【オンライン診療を考慮中の方は、お目通しください】

  • 当クリニックは自由診療(※1 全額自費)のみですので、ご了承ください。
  • 当クリニックでは、新型コロナ後遺症など様々な症状の診察を、ご自宅等(※2)から受けることができるオンライン診療をおこなっています。
  • 患者さんが運転中、作業中など安全性を確保できない状況下にあると判断される場合、対面診療をお勧めし途中で診療を打ち切ります(※3)。
  • 厚生労働省よりオンライン診療中の画像、及び動画の撮影・録画・録音・無断転載は、当クリニックおよび患者さんの両者ともに禁止されています(※4)。

(※1)自由診療とは、医療保険を使わず診療を受けることです。
(※2)不特定多数の方がいる環境、喫茶店などプライバシーを確保できない状況下での診療は許されていません。勤務先などの場合、御本人以外にプライバシー情報が漏洩しない環境下であれば、オンライン診療は可能です。厚生労働省の指針では「プライバシーが保たれるよう、患者が物理的に外部から隔離される空間においてオンライン診療が行わなければならない」としています。
(※2, ※3, ※4)「厚生労働省オンライン診療の適切な実施に関する指針」に準拠

ご利用方法

①【ご予約 依頼】

curon を用いたオンライン診療です(2021年10月25日現在)。

下記「curon」の画像をクリックいただくと curon のホームページへリンクします。

  • 当クリニックのオンライン診療はネット予約制です(手紙、電話等では予約できません)。curon 登録時に保険証、クレジットカード(※)が必要となります。(※)curon で使用可能なクレジットカード会社(2021年10月現在)は、VISA / Master / JCB / AMEX / Diners Club
  • 当クリニックの医療コード:bdc0 (オーではなくゼロです。予約時入力)
  • 当クリニックでオンライン診療に使用するシステムcuronは情報セキュリティに関する国際標準規格「ISO27001」の認証を取得しています。
  • 当クリニックがオンライン診療システムで利用する curon はスマートフォン、タブレット、パソコンいずれでもご利用可能です。

ほか詳細はリンク先をお目通しください。

②【問診票 送付】

まず患者さん御自身で curon 登録が必要です。

外来予約のご依頼を当クリニックで確認後、患者さんへ問診票を事前にお送りしますので、ご利用端末で回答ねがいます。他機関での「健康診断の結果」「お薬手帳」および「診療情報提供書(紹介状)」などがあれば、その情報もお送りください。診察当日、限られた時間を有効にもちいるため、問診票はできるだけ詳細にご記入ください。

③【予約日時 確定】

問診票などの内容を当クリニックで確認し問題がなければ、ご予約日時にオンラインで診察いたします。急性期の新型コロナ感染症、救急疾患をうたがう場合もしくは身分確認ができない場合など、特殊なケースはおことわりする場合がありますが、オンライン診療の特性上、診療拒否には該当しません(参照:令和2年5月1日の厚生労働省事務連絡)。

事前に curon の「テスト通話」から、音声や動画に問題がないかご準備ください。万が一、当方の都合で予約日を変更せざるをえない場合、メールにてご連絡いたします。curon 登録時のメールアドレス等の使用許可をご了承下さい。

④【診 察】

時間厳守でお願いします。診察はオンライン入室時から15分間で、延長はできません。

  • 「身の置き所がないか」「冷えはないか」「汗が出やすいか」など東洋医学ならではの問診、オンライン上で聞き取れる声の特徴(聞診:ぶんしん)、体型・外観などの印象(望診:ぼうしん)、舌の所見(舌診:ぜっしん)などで診察をおこないます。
  • 生活習慣改善のみで症状改善が期待され、処方が不要な場合があります。
  • オンラインでは診断が不十分な場合、対面診療が必要となることがあります。
  • また西洋医学の対応が必要と判断される場合は、お近くの病医院の受診推奨をおこなう場合があります(オンライン診療の特性上、他院への紹介状の作成は行っておりません)。
  • 急患等のため万が一、当クリニック側でオンライン入室が遅れた場合、開始後から15分間診療します。延長が難しい場合、もしくは患者さんのご都合がある場合、患者さんのご希望により、別枠で予約をお入れします。
  • 本人以外の立ち合いは厚生労働省より原則、禁じられています。ただし受診される方が小児、聴覚障害の方の場合、それぞれ保護者、手話通訳者が同席せざるを得ない場合もありえます。その場合、同席する方がオンライン診療時に共有した、患者さんおよび当クリニックのプライバシー情報を漏洩しないよう、事前に確認しておいて下さい。また手話通訳者が同席する場合、その方の顔写真付き身分証明書の写しを問診票回答に付し、当クリニックにお伝え下さい。

(参照:令和2年8月24日の厚生労働省事務連絡)

⑤【決 済】

診療費の合計金額が curon に表示されます。ご確認後、決済となります。
煎じ薬などが必要と判断された方への現物配送は、翌日以降となります。

オンライン診療費用(すべて税込価格(2021年10月時点))

  • curon アプリ利用料 330円)(※1)
  • 情報通信機器運用費  550円
  • 初診料        6,000円
  • 再診料        4,000円(※2)
  • 煎じ薬  1日あたり600 – 800円(※3)
  • 配送料  小サイズは660円、大サイズは840円(いずれか)
  • 【希望者のみ】自動煎じ器 20,000円

(※1)curon 運営会社への支払いとなります。 
(※2)1年間受診がない場合、再び初診となります。  
(※3)煎じ薬の日額は体重、年齢によって変動します。

なお curon 登録時の案内後、患者さん側で了承される予約決済の件ですが、患者さんの自己都合により予約がキャンセルされ、連絡なく5日間経過した場合においては、当該予約料5,000円の自動決済を申受けますので、予約日時の確認をよろしくお願いします。

⑥【処 方】

煎じ漢方が必要と判断される場合、院内で調合した刻み生薬による処方を配送します。院外処方は対応しておりません。
今まで当クリニックにおける対面診療がない方の場合、1年以内の「健康診断結果」「診療情報提供書(紹介状)」など健康状態を把握できる資料をご準備いただけると幸いです。対面診療がなく、これらの書類がない場合、処方可能な日数は7日間です。
(参照:令和2年4月10日の厚生労働省事務連絡)

⑦【その他】

curon 登録や診療予約、使い方に関する質問・お問い合わせは curon にお願いします

以下の場合、オンライン診療をお断りするケースことがあります。

  • 日本国内に居住されていない方、配送先が国外の方
  • 被保険者証(保険証)が無い、など身分確認ができない方
  • 3歳未満の小児(※)
    (※)社会性が芽生えていない小児の場合、「舌をもっと出して」などの漢方特有の診察時に協力が得られないなど、十分な診断ができないからです。また乳幼児は、触診など五感をフルに用いて診断するべき、つまり直接対面を要する疾患が隠れていることがあるためです。
  • 「急性期」もしくは「重篤な」新型コロナ感染症の方
  • 救急疾患をうたがう場合
  • 西洋医学の診療の方が患者さんの利益につながると判断した場合
  • 意思疎通が困難な方
  • オンライン診療に十分なインターネット環境下にない方
  • 停電、ネット契約会社の不調などで通信不能となった場合
  • 天変地異など常識、判例に準拠するもの